読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は楽しみに満ちている。

ヨーロッパ在住の会社員の雑記帳です。ジャンル問わず好きなこと書いてます。

「超転職術」を読んだ感想

Kindleの月替わりセールをサーフィンしてたら気になった本があったので購入して即日読了した。 採用側のホンネを見抜く 超転職術 作者: 田畑晃子 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ 発売日: 2014/04/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを…

僕がみんなに聴いてほしいミスチルの名曲10選

最近ミスチルの名曲まとめ系が急にホットエントリ入りし出している。 ミスチル好きの僕が選ぶミスチルの名曲トップ10!〜90年代編 - ログキョウ ミスチル好きの僕が選ぶミスチルの名曲トップ10!〜2000年代編 - ログキョウ そこまでミスチル好きでもな…

日本人の9割に本当に英語は不要なのか?

昔から良くある話なのですが、次の記事を読んでふと思うところがありまして。 「日本は英語化している」は本当か?――日本人の1割も英語を必要としていない / 寺沢拓敬 / 言語社会学 | SYNODOS -シノドス- このレポート内では、統計データをもとに実際に日本…

『西洋美術史入門』を読んだ感想

最近、旅行にもっと深みを持たせたいと思い、西洋美術史をかじり始めています。だいたい月1くらいのペースで旅行をしている自分ですが、大きな観光地に行くとほとんどの場合美術館があります。有名なところはとりあえず行ってみるのですが、いつも絵を見て…

2014年も半分過ぎたので振り返りを行ってみる

いつの間にやら7月に入り、2014年も半分が過ぎてしまいました。ことあるごとに言っていますが、本当に時の流れが早い。特に25歳を過ぎてからが留まることをしらない早さで時が駆け抜けていっている気がします。たぶんこの流れは止まらなくて、すぐに30歳に…

Coldplay これだけは聴いておくべき名曲14選

Coldplayの新アルバムにはまってしまったおかげで、久々にColdplay熱がきています。そもそも彼らの曲を初めて聴いたのは高校の頃。ちょうど『Rush of Blood to the Head』がヒットしていた時代。結局自分が彼らの曲を一番気に入っていたのはこの時代で、その…

Coldplayの新譜(=Ghost Stories)はかっこいいと認めざるを得ない

つい先日Coldplayが新譜を出しました。 Ghost Stories アーティスト: Coldplay 出版社/メーカー: Parlophone (Wea) 発売日: 2014/05/20 メディア: CD この商品を含むブログ (6件) を見る アルバム発売前から新曲がウェブサイトでアップされてて、更新がある…

ミスチル談義1:ありふれたLove Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜

先日日本からiphoneの音楽をFMで飛ばして車で聞けるあれ(正式な名前がわからない)を入手したので、通勤中の車の中でフル活用しています。今までCDを換えないといろんな音楽を聞けなかったので、かなり楽な音楽生活を満喫しています。しかしながら、いろい…

映画『ファインドアウト』:感覚に訴えかけるスリラー映画

もともと日本にいる時からあまりテレビを見るタイプではありませんでしたが、オランダに来てからほとんどの番組がオランダ語で理解出来ないということもあり、じっくりテレビを見ることが更に減ってしまいました。とりあえず音がないのも寂しいのでいつもはC…

働く理由について本気出さずに考えてみた

Gunosyから流れて来たエントリーを見て、そういえば働く意味についてのエントリーを書こうと思っていたのを思い出したので書いてみます。 なぜ、働くのか?働き方を考えて少しわかったこと。 - 読書で本から学ぶブログ 自己分析と働く理由 ちょうど就活をし…

はてなダイアリーの記事をインポートしてみた

どうでも良い話ではありますが、2012年にはてなダイアリーで書いていた時のブログ記事をこのはてなブログに移行してみました。めっちゃ簡単に移行出来ることにびっくり。しかもはてなスターもついてくるおまけつき。はてブとFBのイイネは反映されていないよ…

日系海外支社における不思議な仕事癖

ある程度大きくてグローバル展開してる企業は、大体海外にもいくつか支社なり支店なりを持っていると思います。組織が大きければ大きいほど当然本社から全員人を出すことが出来ないので、駐在員を何人か置き、大多数のメンバーは現地採用のローカルスタッフ…

外国の「誉める文化」は日本にも積極的に導入すべきだと思う

本日のお昼前の出来事。Directorが皆をコーヒーコーナーに招集して緊急ミーティング。一体何事だと思ったら、机の上におもむろに置かれたケーキとマフィン。何だったかというと、社内で長期間行って来たプロジェクトがようやく終了し、新しいシステムの稼働…

流行に乗ってEDMを楽しむ:Aviciiの”True”を聴いてみた

オランダに来てからやたらとEDM(Electronic Dance Music)というジャンルの音楽を耳にする機会が増え、最近大分はまってきています。 日本にいた頃はあまり耳にする機会はなかったのですが、DJ大国オランダということもあってか何かイベントがあるたびに(…

人間らしい生活を求めて

久々にロッテルダムでゆっくり過ごす休日。土曜日は天気が悪かったけど、今日は快晴だったので朝掃除を早めに終わらせて街へと繰り出してみました。繰り出したと行っても何か特別なことをしたわけではなく、とりあえず外に出たかったというのが主な目的です…

写真で振り返る怒濤の3週間:ノルウェー、フランス、オランダ、ベルギー

2月後半〜3月前半はプライベートの予定が立て込み非常にバタバタした3週間でした。期末の忙しい時期ということもあり仕事もやることが多くなかなか疲れましたが、仕事の方もようやく落ち着きを取り戻し始め、自分のやりたいことに力を注げる環境が整いつ…

往復書簡(湊かなえ)の感想

1年以上前に友人からプレゼントしてもらった本。3つの話が収録されている短編集ですが、1つ目しか読み終えてなかったことに気づき一気に読了。「告白」で有名な湊かなえさんの著書です。 往復書簡 (幻冬舎文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 幻冬舎 …

ネットから始まる恋愛

羽生選手、金メダルおめでとうございます。 冬季オリンピック全然追っかけてなかったけど、昔から好きなフィギュアはやっぱり見て良かったです。そもそもオランダに来てからフィギュア見てなかったので、2年ぶりくらい。昔見た時よりも更に綺麗な演技を披露…

英語はツールにしか過ぎないという当たり前の話

オランダで働き始めて以来強く感じるようになったことの1つに、「英語」というツールに対する位置づけの違いというものがあります。一言で言うと、海外でビジネスをするに当たっては「英語」というのは専門知識でもなんでもなく、「一般技能」に分類される…

不思議で便利な日本という国

年末年始に日本へ一時帰国してましたが、日本の仕事が始めるタイミングでオランダに舞い戻ってきました。あっという間に2週間経つわけですが、すっかりと海外での日常へ舞い戻ってきています。さて、暫くオランダでの暮らしを続けた後で日本に帰ると色々と…

謹賀新年2014

年が明けました。たまたまこのブログを見てくださった方々、明けましておめでとうございます。去年は駐在先のオランダで年を越したので、日本で年末年始を過ごすのは2年振りのことでした。オランダの年越しは0時になった瞬間あちらこちらから花火とともに年…

「育児休暇」は当然の権利か否かと言う議論について

少子化に歯止めがかからない中、少しでも子育てのしやすい環境をつくり出そうと様々な取り組みが始められている昨今ですが、いつも通りはてぶサーフィンをしているとこんな記事を発見。育休フィーバーの影で犠牲を強いられる“正直者”たちの鬱屈「働き方の多…

Nintendo 3DS 500万台突破:任天堂の新の正念場はここから始まる

ニンテンドー3DSが国内最速で500万台を達成したとか。速報:ニンテンドー3DS が国内販売 500万台を達成、国内ゲーム機史上最速の52週最近一時期とは打って変わり、めっきり良いニュースを聞かない任天堂が頑張ってくれているニュースを見ると、一ゲームファ…

金融資本主義を超えて -僕のハーバードMBA留学記

金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記 (文春文庫)作者: 岩瀬大輔出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/05/08メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 37回この商品を含むブログ (28件) を見る ■ ルポルタージュとして読むと面白いどこかのサイトのリン…

凡人が3年で『頭の良い人』に生まれ変わるための方法を考えてみた

ここ数年、自分の中で『いかにして頭を良くするか』というのが大きな課題であります。周りに数人はいる『この人すげー』という人。一体自分との違いは何なのか…と考えたことがある人は非常に多いことでしょう。『頭の良い人』とはまた凄く曖昧な言葉ですが、…

残業規制の中に身をおくといかに自分が非効率な働き方をしているか見えてくる

実はただ今自分の勤める会社は目下残業規制中で、基本的に残業をすることが出来ません。即ち、毎日がノー残業デイです。毎日定時で帰れるなんて羨ましい!と端から見てると感じるかもしれません。自分も早く帰りやすくなってラッキーと少し思っていました。…

mixiは果たして復活することが出来るのか

mixiの業績が芳しくない昨今ですが、なかなか面白い見方だなーと思った記事を発見。SNS衰退の理由を考えるとどうしても「人間関係に飽きた」に行き着くタイトルそのまんまなのですが、mixiが落ち目なのは機能や思想云々よりも、単にマイミクとの人間関係に飽…

ディベート思考を身につけると色々と捗るぞ

先日久々に学生時代にやってた英語ディベートの大会を見学しに行ってきました。自分がやってたのはParliamentary Debateという競技でして、イギリスの議会をモデルとして生まれた競技で、その場で出されたテーマに対して肯定側•否定側に分かれ、壇上で順番に…

7つのメガトレンドから考える日系メーカーのあり方

昨日面白い記事を見つけたので1日遅れですがご紹介。これからの30年を考える7つのメガトレンド今後30年で世界がどういった変化をしていくかをまとめた記事ですが、この先30年で下記のようなトレンドが顕著になるだろうと予測されています。1.加速する人口増…

恵方巻きがぽっと出のイベントだと思ってる君たちへ告ぐ

若干乗り遅れた感はありますが。先日は節分でしたね。節分と言えば豆まき、そして恵方巻き。…のはずが、ついに先日知ってしまったのです。関東では恵方巻きの風習は最近までほとんどなかったことに!地元関西では物心ついたときからずっと恵方巻きを食べてた…

新世界より

新世界より(上) (講談社文庫)作者: 貴志祐介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/01/14メディア: 文庫購入: 15人 クリック: 298回この商品を含むブログ (127件) を見る新世界より(中) (講談社文庫)作者: 貴志祐介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/01/14…

芸能人や著名人から学ぶ生き方のヒント

自分が芸能人や著名人についてすごいなー思うこと。それは、『ディスられる』ことについて。有名人の宿命だと思うのですが、たくさんのファンがつく一方で、たくさんのアンチが存在します。あれだけCDも売れて握手会も盛況なAKBも、2ちゃん界隈でぼろくそ言…

縁故採用はありか、なしか

昨日のエントリーが思いもよらず色んな人にはてぶとかリツートしてもらっていて戸惑いを隠せない自分です。とはいっても世の中には1日に何万ものアクセス数を稼ぎ出す人がたくさんいらっしゃるわけですが…。自分も面白いエントリーが書けるように、毎日文章…

ネットの中の嘘と本当

突然ですが、この写真を見たことがありますでしょうか。たぶん、Facebookやってるほとんどの人が、誰かがシェアしているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。詳細は省きますが、人種差別をシニカルに批判したスチュワーデスさんの対応が描かれたス…

TOEICが『運転免許証』化する時代

今日読んだ下記の一連のつぶやきが参考になったので、自分も英語について少しだけ書いてみる。最新!英語発音勉強法〜オンライン英会話を併用して最速でネイティブ並の発音法を手に入れる〜上のリンク先にあるのはいかにして発音能力を向上させるかというお…

これからの日本を変えていくのはいまどきの若者なのです

自分は今年で27歳になりますが、同年代でも本当にいろいろな人がいるもので、世界一周旅行中に起業してスペイン語のオンライン会話教室を立ち上げた人たちがいるみたいですね。 世界一周中に起業、26歳の若者がスペイン語オンライン学習事業を始めたワケ 起…

イノベーションのジレンマー技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)作者: クレイトン・クリステンセン,玉田俊平太,伊豆原弓出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2001/07メディア: 単行本購入: 59人 クリック: 811回この商品を含むブログ…

Little Free Library : 本で繋がるコミュニティ

"Little Free Library"という図書館ネットワークをご存知でしょうか。北米で行われている取り組みの一つなのですが、個人や企業が所有する書籍を簡単に交換し合えるシステムです。システムといってもやり方は極めてアナログで、まず家やオフィスの前に適当な…

後悔しない大学生活を送りたい貴方に送る5つのメッセージ

数日前にこんな話がTogetterが話題になってました。大学生達の人生詰んだ判例集『大学時代・・・こうしておけば良かった・・・』〜パンフレットには載らない、学生達の魂の叫び〜Tweetもとの@takasuka_tokiが言及してらっしゃるように、失敗しない大学生活の…

本を読む本

本を読む本 (講談社学術文庫)作者: J・モーティマー・アドラー,V・チャールズ・ドーレン,外山滋比古,槇未知子出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/10/09メディア: 文庫購入: 66人 クリック: 447回この商品を含むブログ (316件) を見る■ 本を読むときに何を…

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい作者: 瀧本哲史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/09/22メディア: 単行本購入: 17人 クリック: 841回この商品を含むブログ (104件) を見る■ たまには啓蒙的な本を読んで気分をアゲる必要がある自己啓発本(定義は曖昧ですがこ…

会社をクビになった系のスレは何故こうも秀逸なのか

2chまとめブログには数々のリストラネタが埋まっていますが、かなり高確率で面白いストーリーと出会えるというのが個人的に持っている印象です。その中でも特に面白いと感じたのがこのスレ。【転職】会社クビになったwwww2 【活動中】(その2)もう2年前の…

I’m not as smart as I thought I was

はてなブックマークで人気になっていた記事、『僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった』を読んでみました。 もともとは、『I'm not as smart as I thought I was』というRedditでピックアップされていたものをブログの著者が訳して紹介されてくださっ…

2012年を迎えるに当たり「働く意味」について哲学してみる

今までの4年間は長いとも短いとも取れますが、学生時代の4年間と比べると確実に短く感じられました。初めて「お客様」という存在に社員として接し、自分の親と年代がそんなに変わらない方と一緒に仕事を行ったり、やってる内容はともかく、最初の頃は本当に…

新しくブログを作ってみるに際しての抱負

新しくブログを作ってみました。目的は色々あるのですが、かいつまむと下記の通り。1) 文章力をつけたい話すのは苦手ですが文章を書くのは好きなので、それを活かしてどんどん記事を書くことで人に読んでもらえる文章の書き方というのを試行錯誤していきたい…